立地戦略の真実!事例とビジネスモデル別に語る出店場所の重要性

立地戦略の真実!事例とビジネスモデル別に語る出店場所の重要性をお伝えします。この記事では、ビジネスにおける立地戦略の重要性について解説します。あらゆるビジネスで大通りや好アクセスだけが全てではないことを分かりやすくお伝えします。また、ビジネスモデルによって立地戦略に違いがあることも解説します。

さらに業種やビジネスモデル別の事例を通じて、立地戦略を紐解きます。コンビニやチェーン店が利便性を武器にした立地戦略や、お客さんの熱狂的な支持を得る店舗の立地戦略、出店場所自体が目的地となる「顧客誘導施設」の立地戦略など、具体的な事例をご紹介します。

さらに、自社の商圏を知り、自社に合った立地戦略を考えるためのセオリーや、お客さんにとって最適な場所での営業を目指す立地戦略についてもお伝えします。一つ一つのトピックで立地戦略の理解を深めるためにおすすめの関連記事もご紹介します。立地戦略についてより深く理解を深めるために、ぜひこの記事をお読みください。

立地戦略とは?ビジネスにおけるその重要性

立地戦略は、実店舗ビジネスにおいていかに適切な場所に出店するかを決める戦略のことです。出店場所は、お客さんの利便性やアクセスの良さ、競合他社との距離などに影響されます。しかし、大通りや好アクセスだけが全てではありません。ビジネスモデルによっては、立地戦略のアプローチや重要性が異なることもあります。業種やビジネスモデルに合った立地戦略を取ることが成功のカギとなります。

立地戦略の真実:あらゆるビジネスでは大通りや好アクセスだけが全てではない

立地戦略において、大通りや好アクセスは重要な要素ではありますが、それだけが全てではありません。視点を変えてみると、業種やビジネスモデルによっては他の要素が重要となることもあります。例えば、コンビニやチェーン店の場合は利便性が重要です。顧客が手軽に立ち寄れる場所に出店することが求められます。また、お客さんの熱狂的な支持を得る店舗の場合には、特定の場所に出店することが重要です。出店場所自体が目的地となる「顧客誘導施設」の場合も同様です。立地戦略はそれぞれの業種やビジネスモデルによって異なるため、自社の商圏をよく分析し、自社に合った立地戦略を考えることが重要です。

ビジネスモデルによる立地戦略の違い

立地戦略は、あらゆるビジネスにおいて重要な要素ですが、その方法はビジネスモデルによって異なります。例えば、利便性を売りにするコンビニやチェーン店では、交通量の多い場所や人々が頻繁に利用するエリアが選ばれます。一方で、お客さんの熱狂的な支持を得る店舗では、多くのファンが集まる地域やイベント会場の近くなど、お客さんが集まりやすい場所を選択します。また、出店場所自体が目的地となる「顧客誘導施設」では、地元観光スポットや風景の美しい場所など、観光客や地元住民が訪れる場所が選ばれます。ビジネスモデルに合った立地戦略を採用することで、効果的にお客さんを集めることができます。

立地戦略を紐解く:業種やビジネスモデル別事例

立地戦略には、あらゆるビジネスにおいて重要な要素があります。しかし、多くの人が大通りや好アクセスにこだわってしまう傾向があります。実際には、ビジネスモデルによって立地戦略は異なるものです。

例えば、利便性を重視するコンビニやチェーン店では、できるだけ多くの人が便利に利用しやすい場所に出店することが求められます。一方で、お客さんの熱狂的な支持を得る店舗では、一定の郊外や地方にあることがあります。また、出店場所自体が目的地となる「顧客誘導施設」の場合もあります。これらの事例からも分かるように、立地戦略は単純に大通りや好アクセスに限定されるものではありません。

自社の商圏をよく把握し、自社に合った立地戦略を実施することが重要です。業種やビジネスモデルによって異なる立地戦略が存在します。周囲の競合店舗や同業他社の立地を観察し、なぜその場所を選んだのかを考えることで、自社の立地戦略を理解することができるでしょう。

立地戦略には完全な正解はありませんが、自社のお客様が集まりやすい立地を追求することが重要です。独自の目線でエリアマーケティングを実践し、自社と顧客の相性の良い場所での営業を目指しましょう。

利便性を武器にしたコンビニやチェーン店の立地戦略

利便性を重視するコンビニやチェーン店は、出店場所の選定においても同様に利便性を重視します。例えば、駅やオフィス街、学校の近くなど、人々の行き来が多い場所に出店することで、利便性を最大限に高めます。また、24時間営業やインターネット注文・受け取りサービスなど、さまざまな方法でお客さんの利便性を追求しています。

お客さんの熱狂的な支持を得る店舗の立地戦略

お客さんの熱狂的な支持を得る店舗の立地戦略では、一般的なアクセスや交通の便よさだけでなく、他の要素も重要となります。例えば、特別な商品やサービスを提供するお店では、駅や人通りが非常に多い場所に店舗を構える必要はありません。そのお店の独自性や魅力によって、お客さんはわざわざ遠くまで足を運ぶのです。

また、お店自体が目的地となる場合もあります。顧客誘導施設と呼ばれるこのタイプの店舗は、他の小規模企業にとってのランドマーク的存在となります。立地戦略を考える際には、駅や通りだけでなく、このような顧客誘導施設の場所も重要です。

立地戦略には完全な正解はありませんが、自社と同じ業種の店舗がどのような場所に出店しているのか観察することで、業種別の立地戦略セオリーが見えてきます。お客さんが集まりやすい立地を追求し、自社の商圏を分析して、自社・自店舗に合った立地戦略を実践しましょう。

出店場所自体が目的地となる「顧客誘導施設」の立地戦略

立地戦略には大通りや好アクセスだけが全てではありません。特定の店舗が自体が目的地となることもあります。

例えば、大手ファストファッション企業の一部の店舗では、そのブランドでしか買えない特別なインナーが人気です。駅から10分以上かかる遠い場所にあっても、お客様はその商品を求めて店舗に向かいます。

また、豊富な品ぞろえを売りにしている大手ディスカウントストア企業も同様です。陳列や品ぞろえに一定のファンが存在し、立地が悪くてもお客様が集まる仕組みになっています。

立地戦略が必要ない「顧客誘導施設」と呼ばれる店舗は、逆に別の小規模企業が立地戦略に使うランドマーク的存在になる場合もあります。

立地戦略に取り組む際には、駅や通りだけではなく、顧客誘導施設の場所も意識しましょう。

自社の商圏を分析し、自社に合った立地戦略を追求していきましょう。

独自の目線で自社のお客様が集まりやすい立地を選び、変化する世情・時代に合ったエリアマーケティングを実践しましょう。

自社の商圏を知り、自社に合った立地戦略を

一見無造作に出展されているように見える店舗ですが、中には詳細な立地戦略によって出店場所を決め、自社の商圏範囲を分析・設定している企業も存在します。立地戦略に完全な正解は存在しませんが、自社と似た業種の店舗がどんな場所に店を構えているのかを観察し、なぜそこに出店したのかを洞察していけば業種別の立地戦略セオリーが見えてくるでしょう。

「大通りの路面店」や「駅への近さ」など王道立地戦略に捕らわれるのではなく、独自の目線で自社のお客様が集まりやすい立地を追求、変化していく世情・時代にあったエリアマーケティングを実践していきましょう。

業種やビジネスモデルにより見えてくる立地戦略のセオリー

立地戦略には、業種やビジネスモデルによって異なるセオリーが存在します。例えば、利便性が重要なコンビニやチェーン店では、人々が簡単に立ち寄れる場所に出店することがポイントです。一方、お客さんの熱狂的な支持を得る店舗では、特定の場所や地域に限定して出店することで、ファンを集める戦略が有効です。さらに、出店場所自体が目的地となる「顧客誘導施設」では、駅や通りだけではなく、この施設の立地も重要となります。業種やビジネスモデルによって異なる立地戦略のセオリーを把握し、自社の商圏を分析して最適な場所での営業を目指しましょう。

お客さんにとって最適な場所での営業を目指す立地戦略

一見無造作に出展されているように見える店舗ですが、中には詳細な立地戦略によって出店場所を決め、自社の商圏範囲を分析・設定している企業も存在します。立地戦略に完全な正解は存在しませんが、自社と似た業種の店舗がどんな場所に店を構えているのかを観察し、なぜそこに出店したのかを洞察していけば業種別の立地戦略セオリーが見えてくるでしょう。

「大通りの路面店」や「駅への近さ」など王道立地戦略に捕らわれるのではなく、独自の目線で自社のお客様が集まりやすい立地を追求、変化していく世情・時代にあったエリアマーケティングを実践していきましょう。

より深く理解を深めるためにおすすめの記事

一見無造作に出展されているように見える店舗ですが、中には詳細な立地戦略によって出店場所を決め、自社の商圏範囲を分析・設定している企業も存在します。立地戦略に完全な正解は存在しませんが、自社と似た業種の店舗がどんな場所に店を構えているのかを観察し、なぜそこに出店したのかを洞察していけば業種別の立地戦略セオリーが見えてくるでしょう。以下の記事を読むと店舗開発に詳しくなります。

この記事のまとめ

いかがでしたか?この記事では立地戦略の重要性について、ビジネスモデル別の事例を交えながら紹介しました。大通りや好アクセスだけが全てではなく、業種やビジネスモデルによって立地戦略は異なることをご理解いただけたでしょうか。コンビニやチェーン店は利便性を武器にし、お客さんの熱狂的な支持を得る店舗は独自の立地戦略を行っています。また、目的地となる「顧客誘導施設」の立地戦略も重要です。自社の商圏を把握し、自社に合った立地戦略を考えることが必要です。さらに、業種やビジネスモデルによって見えてくる立地戦略のセオリーも紹介しました。最適な場所での営業を目指すために是非参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました