立地特性とは?3種の立地特性で出店エリアを見極める方法とメリットデメリット

「立地特性とは?」とは、店舗の出店エリアを見極めるために必要な重要な要素です。この記事では、オフィスエリア、商業エリア、住宅エリアの立地特性のメリットとデメリットを具体的に解説します。オフィスエリアでは、「昼の人口密度」が重要な要素となります。商業エリアでは、「人々の活気」が特徴となります。そして、住宅エリアでは、「競合店の少なさ」が大切です。自分たちのビジネスコンセプトに合った立地特性を見つけるために、この記事を読むことでより理解が深まるでしょう。「以下の記事も店舗開発に関連する情報満載です」というので、ぜひ次の情報もチェックしてみてください。

立地特性が別けられる三つの種類

店舗の出店エリアを見極めるためには、立地特性を理解することが重要です。立地特性には大きく分けてオフィスエリア、商業エリア、住宅エリアの3つの種類があります。

オフィスエリアの立地特性としては、「昼の人口密度」が典型的な要素です。オフィスエリアは昼間に多くの人々が働いており、その結果、昼間の人口密度が高くなります。

商業エリアの立地特性は、「人々の活気」が特徴です。商業エリアは買い物や飲食、娯楽などの施設が集まっており、常に多くの人が行き交います。このため、賑わいや活気が商業エリアの特徴となります。

住宅エリアの立地特性は、「競合店の少なさ」が重要な要素です。住宅エリアは主に住宅地であり、商業施設が少ないため競合店が少なくなります。このため、特定のニーズに特化した店舗を出店することができるメリットがあります。

これらの立地特性を把握しておくことで、自社のビジネスコンセプトに合った出店エリアを見つけることができます。立地特性によってはメリットやデメリットがあるため、事前によく考えることが重要です。

次回はそれぞれの立地特性のメリットとデメリットについて詳しく見ていきます。

オフィスエリア・立地特性の典型的要素:「昼の人口密度」

オフィスエリアの立地特性の一つには、「昼の人口密度」があります。これは、平日の昼間、オフィスワーカーやビジネスマンなどが集まるエリアの人口密度のことを指します。

オフィス街は通常、平日の昼間は非常に賑わっています。多くの人々が仕事に出かけるため、昼の人口密度が高いと言えるでしょう。これにより、飲食店やカフェなどの商業施設にとっては、多くの潜在顧客が存在する好立地となります。

一方で、夜間や休日の人口密度は低くなる傾向があります。そのため、夜間営業や休日営業を行いたい場合には、考慮する必要があります。また、オフィスエリアは駅周辺に集中していることが多く、交通の便が良いという特徴もあります。

オフィスエリアの昼の人口密度を利用することで、多くのビジネスチャンスを得ることができます。しかし、夜間や休日の需要に対応するための戦略や営業時間の調整なども必要な点に留意しましょう。

オフィスエリアの立地特性のメリットとデメリット

オフィスエリアの立地特性の一つは、周辺の昼の人口密度です。オフィスエリアは、昼間に多くのビジネスマンやサラリーマンが集まるエリアであり、その人口密度の高さが大きなメリットとなります。人の流れが多いため、広告効果が高まり、多くの人々に自社の存在を知らせることができます。また、周辺に飲食店やカフェなどの商業施設が多くあり、ビジネスのお客様や従業員の利便性を高めることができます。

一方、オフィスエリアの立地特性にはいくつかのデメリットもあります。昼間に人口密度が高いため、昼のピーク時には交通渋滞が発生することがあります。また、周辺には他社のオフィスも多く、競合が激しくなる可能性があります。競合他社の存在によって、自社のビジネスの競争力が下がる可能性もあるため、より優れたサービスや商品の提供が求められます。

商業エリア・立地特性の典型的要素:「人々の活気」

商業エリアの立地特性の典型的要素は、「人々の活気」です。商業エリアでは、多くの人々が行き交い、活気にあふれています。人々の活気は、賑わいやにぎわいとも表現されます。例えば、大きな商業施設やショッピングモールのある地域では、多くの人々が買い物や食事に訪れます。そのため、商業エリアは集客力が高く、ビジネスにとって非常に魅力的です。

この人々の活気がもたらすメリットとしては、まず集客力があります。多くの人々が足を運ぶ商業エリアでは、商品やサービスを提供する店舗が多く、競争が激しくなります。しかし、集客力も高いため、多くの人にアピールすることができます。また、人々の活気がある商業エリアでは、購買意欲が高まる傾向があります。そのため、売り上げの向上やビジネスの成長につながる可能性もあります。

一方、商業エリアの人々の活気にはデメリットも存在します。人々の活気がある商業エリアでは、多くの競合店が集まって競争が激化しやすいという面があります。価格競争や差別化の難しさなど、競合店との競争に直面することもあります。また、商業エリアは交通の便がよい場所に多く存在するため、賃料や物件価格が高くなることも考えられます。

したがって、商業エリアを選ぶ際には、人々の活気を利用するメリットと競争の激しさや高い物件価格などのデメリットを考慮する必要があります。自分たちのビジネスコンセプトやターゲットと合わせて、最適な立地特性を見つけることが重要です。

商業エリアの立地特性のメリットとデメリット

商業エリアの立地特性には、人々の活気が典型的な要素として考えられます。賑わっている商業エリアでは、多くの人々が行き交い、買い物や飲食を楽しむために集まっています。このため、新規の店舗が集客できやすく、売上を伸ばすチャンスも高いです。

しかしながら、商業エリアの立地特性にはいくつかのデメリットも考えられます。まず、競合店が多いため、同じような商品やサービスを提供している場合には、集客が難しくなる可能性があります。また、商業エリアは一般的に賃料が高く、費用面での負担が大きいこともあります。

住宅エリア・立地特性の典型的要素:「競合店の少なさ」

住宅エリアでは、競合店の少なさが重要な立地特性となります。住宅地は一般的に商業地域と比較して商業施設の数が少ないため、競合店の存在が少なくなる傾向があります。これは、特定の商品やサービスを提供する場合に、競合店の影響を受けにくいというメリットがあります。例えば、住宅エリアにおいては、スーパーマーケットや飲食店の出店があまりない場合、同じ業種での競合店が少なく、需要と供給のバランスを取りやすくなります。また、競合店の少なさにより、競争力を持った価格設定やサービス提供が可能となる場合もあります。

住宅エリアの立地特性のメリットとデメリット

住宅エリアの立地特性のメリットは、競合店が少ないことです。住宅地は住民が主な顧客であり、商業施設が少ないため、競合店の数が少ない傾向があります。競合店が少なくなることで、自店舗の顧客集客において有利に働くことができます。

ただし、住宅エリアの立地特性にはデメリットも存在します。まず、商圏の広がりが限定されることです。住宅地周辺においては、顧客基盤が限られているため、潜在的な顧客数が限定的となります。また、購買力の低下も考慮しなければなりません。住宅エリアには比較的収入水準の低い家庭も多く居住しているため、購買力が低い場合があります。

そのため、住宅エリアを立地地として選ぶ際は、顧客層や商圏の特性を慎重に分析する必要があります。自社のビジネスコンセプトに合った立地特性を見つけることが、出店の成功につながる大切な要素となるでしょう。

ビジネスを展開する上で最も重要な要素の1つは、適切な立地を選ぶことです。ビジネスの成功には、その場所が持つ立地特性によって大きく左右されることがあります。自社のビジネスコンセプトと合う立地特性を見つけることは、競争力を高め、成功への近道となるでしょう。

以下の記事も店舗開発に関連する情報満載です

もしもあなたが店舗開発を考えているなら、立地特性の理解は不可欠です。先ほど紹介したオフィスエリアや商業エリア、住宅エリアの立地特性は、あくまで典型的な要素です。もちろん、実際の店舗開発では他の要素も考慮する必要があります。

例えば、交通の便利さや周辺地域の特徴、競合店の数なども立地特性に関わる要素として重要です。これらの要素を把握し、自社のビジネスコンセプトに合った立地特性を見つけることで、出店エリアの選定がスムーズになるでしょう。

自社の店舗開発を成功させるために、ぜひ以下の記事も参考にしてみてください。

この記事のまとめ

この記事では、立地特性がどのように分けられるかについて解説しました。オフィスエリア、商業エリア、住宅エリアの3つの立地特性の典型的な要素と、それぞれの立地特性のメリットとデメリットについて説明しました。ビジネスコンセプトに合った立地特性を見つけることが重要であることも強調しました。店舗開発に関連する情報も満載なので、ぜひ参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました