驚きまではいかないけれど、デジタルチラシ(電子チラシ)のメリットはあるんですよ!作り方・配信方法も解説します!

「驚きまではいかないけれど、デジタルチラシ(電子チラシ)のメリットはあるんですよ!作り方・配信方法も解説します!」

デジタルチラシの基本知識についてはもちろん、コスト削減や手間省ける利点、新聞を読まない世代やウェブサイト・SNSとの連携による運用コスト削減、成果分析の容易さなど、デジタルチラシを使用する上での注意点まで詳しく解説しています。さらに、紙のチラシからPDFへの変換方法やチラシ作成サービスの利用方法、配布方法に関しても具体的な手順を紹介しています。さらに、デジタルチラシ配信サービスのおすすめ3社の特徴や利用方法についても詳しく解説しています。この記事を読めば、デジタルチラシの利点や作成方法、配布方法などが分かります。

デジタルチラシの基本知識

デジタルチラシとは、紙のチラシを電子化したもので、主にウェブ上で配布されます。

デジタルチラシの利用方法は多岐にわたります。例えば、店舗のキャンペーンやセール情報の告知、新商品の紹介、イベントの案内などに活用することができます。

デジタルチラシの利点としては、まずコスト削減が可能です。折込チラシと同等の効果が得られる一方、印刷や配布にかかる費用を抑えることができます。

また、デジタルチラシはウェブ上で掲載されるため、新聞を購読していない若年層やインターネットを積極的に利用している人々にもチラシが届くメリットがあります。

さらに、デジタルチラシは自社のウェブサイトやSNSと連携して活用することができます。これにより、広告の管理や運用コストを削減することができます。

また、デジタルチラシの成果分析も容易であり、効果測定をしやすい点も魅力です。

一方、デジタルチラシには欠点も存在します。例えば、一部の年配者にはウェブ上の情報にアクセスすること自体がハードルとなる場合があります。また、インターネットが不安定な環境ではデジタルチラシの閲覧が難しいこともあります。

デジタルチラシの作成方法は、紙のチラシをスキャンしてPDFに変換する方法や、専用のチラシ作成サービスを利用する方法などがあります。

デジタルチラシの配布方法は主に自社ウェブサイトでの掲載やメール配信、配信サービスを利用する方法が一般的です。

代表的なデジタルチラシ配信サービスとしては、Shufoo!やトクバイ、LINEチラシなどがあります。

まとめると、デジタルチラシは紙のチラシと比べてコストの削減や手間の省力化、新聞を読まない世代へのアプローチ、ウェブサイトやSNSとの連携による運用コスト削減、効果測定の容易さなどのメリットがありますが、年配者やインターネット環境に不安定な地域では利用が制限されるというデメリットもあります。

デジタルチラシって何?

デジタルチラシは、インターネット上で配信される広告の形態です。従来の紙のチラシと同様に、商品やサービスの情報を掲載することができますが、紙のチラシとは異なり、デジタル媒体での利用が可能です。デジタルチラシは、ウェブサイトやSNSでの掲載や、メールでの配信など、様々な配信方法があります。また、デジタルチラシは、紙媒体のチラシと比べて、配布コストが低く、効果測定がしやすいという特徴があります。

デジタルチラシの活用方法

デジタルチラシの活用方法は様々です。例えば、ウェブサイトやSNSでの掲載が挙げられます。自社のウェブサイトにデジタルチラシを掲載することで、既存の顧客やウェブサイトの訪問者に対して、特別な情報やイベントの告知をすることができます。また、SNSとの連携も有効です。InstagramやFacebook、TwitterなどのSNSにデジタルチラシを投稿することで、多くの人に広告を届けることができます。さらに、配信メールの中にデジタルチラシを添付する方法もあります。メール配信リストを持っている場合、効果的な広告をメールで送ることができます。これらの活用方法を駆使して、多くの人にデジタルチラシを届けましょう。

デジタルチラシの利点

デジタルチラシの利点はいくつかあります。

まず、デジタルチラシはコスト削減が可能です。紙のチラシと比べて、印刷や配布にかかる費用がほとんどかからず、デジタルで作成・配信するため、大幅な経費削減が見込めます。

次に、配布にかかる手間を省くことができます。チラシの配布は、一軒一軒手渡しするのが一般的ですが、デジタルチラシはインターネット上で簡単に配信することができます。手間暇が省けるため、効率的な広告手法と言えます。

また、デジタルチラシは新聞を読まない世代へのアプローチが可能です。若年層やデジタルネイティブ世代は新聞をあまり読まない傾向がありますが、インターネットを使っていることが多いです。デジタルチラシを利用することで、新聞以外の媒体にアプローチできます。

さらに、ウェブサイトやSNSとの連携による運用コスト削減ができます。デジタルチラシはウェブ上で公開することが多く、自社ウェブサイトやSNSと連携させることで、より多くのユーザーにリーチすることができます。また、デジタルでの管理と運用を行うことで、集客コストを削減することができます。

最後に、デジタルチラシの成果分析が容易です。配信先の画像やリンクのクリック数など、デジタルチラシの成果を分析することができます。具体的な効果測定が可能なため、効果の高い広告戦略を立てることができます。

コスト削減が可能

デジタルチラシの利点の一つは、コスト削減が可能であることです。紙のチラシと比べて、デジタルチラシの作成や配布には印刷費や郵送費が不要です。また、デジタルチラシは常にデジタル形式で保存されるため、再利用や修正も容易です。そのため、チラシの作成・配布にかかる費用や手間を大幅に削減することができます。

配布にかかる手間を省ける

デジタルチラシを使用する最大のメリットは、配布にかかる手間を省くことができる点です。紙のチラシを印刷して配布する場合、チラシの作成やテキストの校正、印刷作業、配布先の選定など、多くの手間や時間がかかります。しかし、デジタルチラシを使用すれば、これらの手間を大幅に削減することができます。デジタルチラシは、インターネット上で配信するため、印刷や配布作業の手間が不要です。また、チラシをウェブサイトやSNSに掲載することで、瞬時に多くの人に届けることができます。さらに、配布先を選定せずに広く情報を発信できるため、より多くの人にチラシを届けることができます。

新聞を読まない世代へのアプローチが可能

デジタルチラシは、新聞を読まない若年層にも効果的な広告手段です。若い世代はインターネットやSNSを積極的に利用して情報を得る傾向があり、紙媒体よりもデジタルな情報にアクセスしやすいです。デジタルチラシはウェブサイトやSNSなどのオンラインプラットフォーム上で配信されるため、若年層にアプローチすることができます。また、デジタルチラシは画像や動画、音声などの多彩なコンテンツを含めることができるため、若者の興味を引くことができます。さらに、デジタルチラシをクリックすることで直接ウェブサイトにアクセスすることができるため、若い世代への集客にも効果的です。

ウェブサイトやSNSとの連携による運用コスト削減

デジタルチラシをウェブサイトやSNSと連携させることで、運用コストを削減することができます。例えば、自社のウェブサイトにデジタルチラシを掲載することで、チラシの印刷や配布にかかる費用を削減することができます。また、ウェブサイトではチラシの閲覧履歴やクリック数などのデータを簡単に収集することができるため、効果測定がしやすくなります。さらに、SNSと連携することで、チラシの拡散効果も期待できます。例えば、SNS上でチラシの情報をシェアしてもらうことで、多くの人にチラシが広まります。これにより、広告効果を高めることができます。以上のように、デジタルチラシをウェブサイトやSNSと連携させることで、運用コストを削減し、効果的な広告活動を行うことができます。

成果分析が容易

デジタルチラシを使用することで、成果を分析することが容易になります。通常の紙のチラシでは、配布後の反応や効果を把握するのが難しいですが、デジタルチラシでは配信後のクリック数や閲覧数など、リアルタイムでデータを取得することができます。また、特定の目的を達成するためにどのようなコンテンツが効果的かを分析することも可能です。これにより、効果的なデジタルチラシの作成や配信方法を改善し、より多くの人々にアプローチすることができます。

デジタルチラシを使用する上での注意点

デジタルチラシの使用にはいくつかの注意点があります。まず、デジタルチラシを作成する際には、レスポンシブデザインを考慮する必要があります。様々なデバイスで閲覧される可能性があるため、見やすさや使いやすさを確保するために、画像やテキストの配置、フォントサイズ、ボタンなどの要素のサイズを調整する必要があります。また、デジタルチラシの配信方法も重要です。配信先の選定やタイミング、頻度を考慮し、ターゲット層に適切にチラシが届くようにすることがポイントです。さらに、デジタルチラシの成果分析を行うためには、オンライン上でのトラッキングやクリック数、閲覧数などのデータを収集し、分析する必要があります。これにより、効果的なチラシ作成や配信方法の改善が可能となります。以上がデジタルチラシを使用する上での注意点です。

デジタルチラシの欠点とは?

デジタルチラシには数多くのメリットがありましたが、もちろん欠点も存在します。まず、インターネット環境がなければ閲覧することができません。

また、デジタルチラシは配信された後も長期間閲覧できますが、一度閉じてしまうと再度アクセスすることが難しくなることもあります。

さらに、デジタルチラシはインターネット上での配信になるため、スパムメールに紛れ込む可能性があります。

さらに、デジタルチラシはネット上の情報過多の中で埋もれる危険性もあります。そのため、効果的な配信方法や広告戦略が必要となってきます。

これらの欠点を補うためには、適切な配信方法やデジタルマーケティングの知識が求められます。

デジタルチラシの作成方法

デジタルチラシを作成する方法はいくつかあります。

まず、紙のチラシをデジタル化する方法があります。これにはスキャナーやスマートフォンのカメラを使用します。紙のチラシをスキャンし、PDFファイルとして保存することでデジタルチラシを作成することができます。

また、チラシ作成サービスを利用する方法もあります。チラシ作成サービスでは、テンプレートを使用して簡単にデジタルチラシを作成することができます。テキストや画像を追加したり、デザインをカスタマイズしたりすることができます。

紙のチラシからPDFへの変換方法

紙のチラシをPDF形式に変換する方法はいくつかあります。

1つ目は、スキャナーを使って紙のチラシをデジタルファイルに変換する方法です。スキャナーを使ってチラシを読み取り、PDF形式で保存します。この方法は手間がかかる上に、スキャンした画像がクリーニングされていないため、美しいデザインが維持されない可能性があります。

2つ目は、デザインソフトウェアを使ってチラシを作成し、それをPDF形式で保存する方法です。デザインソフトウェアには、Adobe InDesignやCanvaなどがあります。チラシを作成し、PDF形式で保存することで、美しいデザインを保ちながらデジタル化することができます。

3つ目は、チラシ作成サービスを利用する方法です。例えば、Shufoo!やトクバイ、LINEチラシなどのサービスがあります。これらのサービスでは、簡単にチラシを作成し、PDF形式で保存することができます。また、デザインテンプレートや写真素材も豊富に用意されているため、初心者でも簡単に素敵なチラシを作成することができます。

紙のチラシからPDFへの変換は、手間や労力を要する方法もありますが、デジタル化することで配布や管理の手間を省くことができます。また、PDF形式で保存することで、美しいデザインを保ちながら効果的なデジタルチラシを作成することができます。

チラシ作成サービスの利用方法

デジタルチラシを作成する際、手軽に利用できるチラシ作成サービスを活用することができます。これらのサービスは、プロのデザイナーが作成したテンプレートを用意しており、初心者でも簡単に魅力的なチラシを作成することができます。まず、サービスのホームページにアクセスし、新規作成を選択します。その後、テンプレートから気に入ったデザインを選び、画像やテキストを追加していきます。画像は、商品やイベントの写真を使用するなど、魅力を引き立てるものを選びましょう。また、テキストはシンプルで分かりやすくすることが大切です。タイトルやキャッチコピーを工夫し、目立つデザインに仕上げましょう。完成したチラシは、PDF形式で保存することができます。

デジタルチラシの配布方法

デジタルチラシの配布方法はいくつかあります。まず一つ目は自社のウェブサイトでの掲載です。ウェブサイトにデジタルチラシをアップロードし、訪問者が閲覧できるようにすることで、広告効果を高めることができます。また、メールでの配信も効果的な方法です。メールのチラシは直接送られるため、リーチ率が高くなります。そして、配信サービスを活用する方法もあります。デジタルチラシを配信サービスに登録し、多くのユーザーにアクセスしてもらうことができます。

あなたのウェブサイトでのデジタルチラシの掲載方法は、非常に簡単です。まずはデジタルチラシを作成し、PDFファイルとして保存します。次に、ウェブサイトの適切な場所にPDFファイルをアップロードします。その後、アップロードしたファイルに直接リンクを貼るか、目立つ位置にチラシのプレビュー画像を設置して、ユーザーがチラシをクリックできるようにします。

メール配信での方法

デジタルチラシをメールで配信する方法もあります。まずは、配信リストを作成しましょう。配信リストには、チラシを送りたい顧客のメールアドレスを登録します。個々の顧客に合わせて配信内容をカスタマイズできるのがメール配信の魅力です。次に、配信のタイミングを決定しましょう。例えば、クーポンやセール情報を配信する際には、イベントやキャンペーンの開始前に配信することが効果的です。最後に、メール本文を作成します。メールの内容は、簡潔でわかりやすく、読み手にとって価値のある情報を提供することが重要です。画像やリンクを使って、顧客が詳細情報を閲覧できるようにすると良いでしょう。配信後は、開封やクリック数などのデータを分析して効果を測定し、次回の配信に活かしましょう。

配信サービスを活用した方法

デジタルチラシの配信には、いくつかの方法があります。一つは、自社のウェブサイトやブログでチラシを掲載する方法です。ウェブサイトやブログには多くの人が訪れるため、チラシが多くの人に見られる可能性があります。また、こちらの方法は費用もかかりません。もう一つの方法は、メールでの配信です。メール配信の場合は、顧客や会員などの登録者に対してチラシを送ることができます。特定のターゲットにアプローチすることができ、効果的なマーケティングが可能です。さらに、配信サービスを活用する方法もあります。配信サービスを利用すると、自社のチラシを複数のメディアに掲載することができます。例えば、Shufoo!やトクバイ、LINEチラシなどのサービスがあります。これらのサービスを利用することで、多くの人にチラシを見てもらうことができます。

デジタルチラシ配信サービスおすすめ3社

デジタルチラシを効果的に配信するためには、信頼できる配信サービスを活用することが重要です。ここでは、特におすすめの3つのデジタルチラシ配信サービスをご紹介します。

Shufoo!

Shufoo!は、幅広い業種や地域に対応しているデジタルチラシ配信サービスです。シンプルで使いやすいプラットフォームを提供しており、簡単にチラシの作成・配信ができます。また、配信範囲や配信日時を自由に設定することができるため、ターゲットに合わせた効果的な配信が可能です。さらに、配信後の成果分析も行えるため、効果の確認や改善にも役立ちます。

トクバイ

トクバイは、主に飲食業やホテル業などの飲食関連のデジタルチラシ配信に特化したサービスです。業界特有のニーズに合わせた機能や効果的な配信方法を提案してくれます。特に、ユーザーの位置情報を活用したターゲティング広告の配信が得意であり、適切なタイミングと場所でチラシを閲覧させることができます。また、独自の成果分析ツールも搭載しており、効果の可視化や改善にも役立ちます。

LINEチラシ

LINEチラシは、国内で最も利用されているメッセージングアプリであるLINE上でのデジタルチラシの配信が可能なサービスです。LINEのユーザーに対して直接的にアプローチすることができるため、高いリーチ力があります。さらに、LINE上でのデータ分析機能や店舗情報の登録機能も備えており、チラシの効果を最大限に引き出すことができます。

これらのデジタルチラシ配信サービスを活用することで、コスト削減や手間の軽減、新たなターゲットへのアプローチ、運用コスト削減、成果分析の容易さなど、様々なメリットを享受することができます。自社のニーズやターゲットに合わせて、最適な配信サービスを選んで活用しましょう。

Shufoo!の特徴と利用法

Shufoo!は、デジタルチラシの作成と配信をサポートしてくれる便利なツールです。このサービスを利用することで、企業は簡単かつ効果的にデジタルチラシを作成し、広く配信することができます。

Shufoo!の特徴としては、使いやすい操作性が挙げられます。初めてのユーザーでも直感的に使うことができ、専門知識やスキルを持っていなくても簡単にチラシ作成ができます。

また、Shufoo!は豊富なデザインテンプレートを提供しており、自由にカスタマイズすることも可能です。さまざまな業種やイベントに対応したテンプレートが揃っているため、あなたのニーズに合ったチラシを簡単に作成することができます。

さらに、Shufoo!は配信方法も充実しています。自社のウェブサイトにチラシを掲載するだけでなく、メールでの配信や配信サービスを利用することも可能です。これにより、より多くの人々にチラシを届けることができます。

Shufoo!はデジタルチラシの作成と配信を効率化し、広告効果を最大化するためのツールです。ぜひ活用して、効果的なチラシ作成と配信を実現してください。

トクバイの特徴と利用法

トクバイは、デジタルチラシの作成と配信を支援するサービスです。主な特徴としては、高品質なチラシデザインの提供、配信エリアの指定、効果測定のサポートが挙げられます。デザインに関しては、プロのデザイナーが作成したテンプレートを使用して、ユーザーが簡単にカスタマイズすることができます。また、配信エリアの指定機能では、地域や店舗の都合に合わせて、ターゲットとするエリアを設定することが可能です。さらに、効果測定のための機能も充実しており、チラシの閲覧数やクリック数、反応率などをリアルタイムで確認することができます。トクバイは、これらの特徴を活かして、効果的なデジタルチラシの作成と配信を行うことができます。

LINEチラシの特徴と利用法

LINEチラシは、LINE上で配信されるデジタルチラシのことです。LINEは、特に若年層を中心に利用者が多いメッセージングアプリであり、企業が広告や情報を効果的に発信するためのプラットフォームとして注目されています。

LINEチラシの特徴の一つは、折り込みチラシなどと同じような効果を得ることができるという点です。LINEアプリを利用するユーザーに対して、繁華街やイベント会場などでチラシを配布するのと同じような効果を期待することができます。

また、LINEチラシの利点の一つとして、配信の手間がかからないということが挙げられます。従来のチラシ広告では、店舗やイベント会場に足を運んでチラシを配布する必要がありましたが、LINEチラシはLINE上での配信なので、その手間が省けます。

さらに、LINEチラシを利用することで、新聞を読まない世代にもチラシを届けることができます。若年層を中心にLINEを使用している人々に対して、ターゲットに合わせた情報を配信することが可能です。

さらに、LINEチラシは自社のウェブサイトやSNSと連携して管理・運用することができます。これにより、運用コストを削減できるだけでなく、チラシの効果を測定することも容易になります。例えば、LINEチラシを載せたウェブサイトへのアクセス数やSNSでのシェアの数などを通じて、効果の分析ができます。

以上のように、LINEチラシは折り込みチラシと同様の効果を持ちながら、配布の手間を省けるだけでなく、新聞を読まない若年層にも効果的にアプローチすることができます。また、自社のウェブサイトやSNSとの連携によって運用コストを削減することもできます。さらに、効果の分析も容易です。是非、LINEチラシの活用を検討してみてください。

この記事のまとめ

デジタルチラシの基本知識や利点、作成方法、配布方法、おすすめの配信サービスについて紹介しました。デジタルチラシはコスト削減や手間の省略、新聞を読まない世代へのアプローチが可能になること、ウェブサイトやSNSとの連携による運用コスト削減、成果分析の容易さなどのメリットがあります。また、紙のチラシからPDFへの変換方法やチラシ作成サービスの利用方法、ウェブサイトやメール、配信サービスを活用した配布方法なども解説しました。最後に、Shufoo!、トクバイ、LINEチラシの特徴と利用法を紹介しました。デジタルチラシは驚きまではいかないかもしれませんが、ビジネスやプロモーション活動において有効なツールとなることでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました