立地調査が絶対必要!出店の要となる重要性と基本的なやり方を詳しく解説!

立地調査が店舗出店に重要なのはなぜでしょうか?出店を成功させるためには、立地の7割ルールを押さえることがポイントです。では、立地調査の基本的な手順を解説します。まずは商圏の理解から始めましょう。競合店舗調査も見逃せないポイントです。さらに自分の店舗が存在するエリアの特性も抑えておきましょう。現場での調査や近隣店舗での情報収集が必要です。立地調査は出店の鍵となりますので、詳しく学びたい方はぜひこの記事を読んでみてください。

なぜ立地調査が店舗出店に重要なのか?

店舗出店を成功させるためには、適切な立地を選ぶことが不可欠です。立地調査を行うことで、ターゲット層や競合店舗の存在、エリアの特性などを把握することができます。例えば、ターゲット層が多く集まる地域や競合店舗が少ない場所を選ぶことで、集客効果を高めることができます。また、エリアの特性を考慮することで、店舗のコンセプトや商品ラインナップを最適化することができます。さらに、立地調査を行うことで、開店後の売上や集客状況を予測することができるため、事前のリスクマネジメントにも役立ちます。つまり、立地調査は店舗出店の成功に直結する重要な要素なのです。

出店の成功のポイント:立地の7割ルール

成功する出店のキーポイントの一つには、立地の重要性があります。なぜなら、どんなに優れた商品やサービスを提供しても、悪い立地にあると集客ができず、売上が伸び悩んでしまうからです。私たちがよく耳にする「立地の7割ルール」とは、立地の選定が出店成功の大部分を占めるという考え方です。出店の成功には慎重な立地調査が必要であり、適切な立地を見つけるために様々な要素を考慮する必要があります。

立地調査、何から始めればいい?

立地調査を始める際には、まずは商圏の理解から始めることが重要です。商圏とは、あなたの店舗の主要な顧客が集まる範囲のことを指します。この範囲を把握することで、どの地域に店舗を構えるべきかが明確になります。次に、競合店舗調査も見逃せません。競合店舗がどこに存在するのかを把握することで、自店舗の特徴や差別化ポイントを考えることができます。さらに、自分の店舗が存在するエリアの特性を抑えることも重要です。地域の人口構成や消費者の嗜好、利便性など、エリアの特徴を理解することで、適切な出店戦略を立てることができます。

まずは商圏の理解から

立地調査をする際には、まずは出店する店舗の商圏を理解することが重要です。商圏とは、お店の周囲にどれくらいの人が集まり、どのくらいの距離から来店するのかを示す範囲のことです。商圏を知ることで、お店の集客力や需要の見込みを把握することができます。

商圏の理解には、まず周囲の人口や世帯数、所得水準などの情報を収集しましょう。近隣の人口データや消費者の購買行動に関するデータなどが役立ちます。また、競合店舗の存在や立地、提供する商品やサービスなども把握しておく必要があります。

さらに、商圏内の地域の特性や需要の傾向を把握することも大事です。例えば、住宅地やオフィス街など、商圏内にどのような地域が存在するのかを把握することで、ターゲット層や需要の特徴を把握することができます。

競合店舗調査も見逃せないポイント

競合店舗調査は、立地調査の重要なポイントの一つです。自分の店舗と同じような商品やサービスを提供している競合店舗を把握することは、成功のカギとなります。競合店舗の所在地や規模、営業時間、価格やサービス内容などを把握することで、自分の店舗がどのような特色を持っているかを明確にすることができます。また、競合店舗の強みや弱みを分析することで、自分の店舗の差別化ポイントや改善ポイントを見つけることができます。競合店舗調査は、ネットやSNS、取引先、顧客などから情報を集めることができますが、自分自身で現地に足を運び、直接見たり聞いたりすることも重要です。競合店舗調査をしっかり行い、競争力のある立地を選ぶことが出店の成功につながります。

自分の店舗が存在するエリアの特性を抑える

自分の店舗が存在するエリアの特性を把握することは、出店の成功に直結する重要なポイントです。まずはそのエリアにおける人口や世帯数、年齢層などの基本的な情報を収集しましょう。例えば、若い世代が多い街ならば、ファッションやカフェなどの若者向けの店舗が需要があるかもしれません。また、その地域の人々の生活スタイルや文化、消費傾向なども把握しておくと役に立つでしょう。例えば、住宅地にある場合は家族連れが多く、子供向けのお店や子供服の店舗に需要があるかもしれません。これらの情報を把握することで、自分の店舗が存在するエリアの特性を把握し、ターゲット層に合わせた戦略を立てることができます。

立地調査の基本的な手順

立地調査を行う際の基本的な手順を紹介します。まず、現場での調査が重要です。実際に店舗を設ける予定のエリアへ足を運び、周辺の環境や交通アクセスなどを観察しましょう。また、近隣の店舗での情報収集も忘れずに行うことが重要です。直接聞き込みや観察を通じて、競合店舗や商圏の特性を把握しましょう。これらの手順を踏むことで、より正確かつ具体的な情報が得られ、出店計画の成功率が高まるでしょう。

まずは現場での調査から

立地調査を行う際には、まずは現地の状況を確認することが重要です。実際に店舗を立てる予定の場所に足を運び、周辺の環境やアクセスの便利さを確かめましょう。街並みの雰囲気や通行人の流れなどを観察することで、その場所における市場の活況や潜在的な顧客の存在を把握することができます。また、近隣にある競合店舗や同業者の存在も把握しておきましょう。これにより、自分の店舗の特長や差別化ポイントを見つけることができます。現場での調査を通じて得られる情報は、データや統計では得られない鮮度のあるものです。そのため、現地に足を運ぶことは非常に重要です。

近隣店舗での情報収集も忘れずに

立地調査は競合店舗の存在を把握することも重要です。近隣の同業他店や同じジャンルの店舗を観察し、どのような商品やサービスを提供しているか、また価格帯やアクセスの便利さなどを調査しましょう。これによって、他店との差別化点や自店の競争力を見極めることができます。また、競合店舗の集客力や顧客層を把握することで、自店のターゲット層や営業戦略を見直すことも可能です。近隣店舗での情報収集は、より詳しく立地調査を進めるうえで欠かせないポイントとなります。

立地調査は出店の鍵

立地調査は、店舗出店において非常に重要な要素です。適切な立地を選ぶことが出店成功の鍵となります。立地の良し悪しは、集客力や売上に大きな影響を与えます。立地調査には、商圏の理解や競合店舗の調査、自分の店舗が存在するエリアの特性の把握などが含まれます。また、現場での調査や近隣店舗での情報収集も重要です。立地調査を適切に行うことで、出店の成功率を高めることができます。出店を考えている方は、是非立地調査をしっかりと行いましょう。

より詳しく店舗開発を学びたい方へ

立地調査は、店舗開発において非常に重要な要素です。ただし、立地調査だけでは出店成功には繋がりません。店舗開発には、物件の選定やデザイン、販促戦略など、さまざまな要素が関わってきます。もし、より詳しく店舗開発について学びたいと思われる方には、以下の記事がおすすめです。

この記事のまとめ

いかがでしたか?この記事では、立地調査の重要性と基本的なやり方について詳しく解説しました。立地調査は店舗出店において非常に重要な要素であり、出店の成功には立地の7割ルールが存在します。立地調査を始める際には、まずは商圏の理解をすることが大切であり、競合店舗の調査や自分の店舗が存在するエリアの特性を抑えることも重要です。また、立地調査の基本的な手順としては、現場での調査や近隣店舗での情報収集が欠かせません。立地調査は出店の鍵であり、成功には欠かせない要素となります。より詳しく店舗開発を学びたい方には、ぜひ他の記事もご覧いただきたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました