バスケット分析のスキルアップ方法!実際の事例で分析の真髄を解説。

「バスケット分析」って何?買い物かごの見方を変える!

「おむつとビール」から始まったバスケット分析の浸透

バスケット分析で見るべき4つの指標ってどんなもの?

指標1:支持度って何?

指標2:信頼度って何?

指標3:期待信頼度って何?

指標4:リフト値って何?

実際にやってみよう!バスケット分析のステップ

さらにスキルアップ!バスケット分析の精度を高める方法

必ずしもトップ商品だけに注目しないことが大切

商品の組み合わせとその有効性を見極める

まとめ:バスケット分析を活用しよう!

次に読むべき!詳しくなるための分析手法・フレームワークの紹介

「バスケット分析」って何?買い物かごの見方を変える!

バスケット分析は、買い物かごに入っている商品の組み合わせや関連性を分析する手法です。具体的には、一緒に購入される商品のパターンを抽出し、顧客の嗜好や行動を理解することが目的となります。たとえば、お店で「おむつ」と「ビール」が同時に購入されることがあるとします。このような関連性を発見することで、お店側は「おむつを買う人はビールも買うことが多い」という傾向を把握し、販促活動などに活用することができます。

「おむつとビール」から始まったバスケット分析の浸透

バスケット分析とは、ある商品を買った顧客が同時にどのような商品を購入しているのかを分析し、顧客の嗜好や購買パターンを理解する手法です。この手法が一般的に知られるようになったきっかけは、実験計画法で有名なツー・ブール(T. C. Fry)が提案した「おむつとビール」の事例です。彼は、あるスーパーマーケットの売り上げデータを分析した結果、おむつを買った顧客はビールも買っていることが分かりました。この発見がきっかけとなり、「バスケット分析」という手法が広まっていったのです。

バスケット分析で見るべき4つの指標ってどんなもの?

バスケット分析では、商品の売り上げデータから得られる情報を基に、商品の関連性や顧客の購買パターンを把握することができます。この分析には、以下の4つの指標がよく使われます。

指標1:支持度

支持度は、ある商品と他の商品が一緒に購買される確率を表しています。例えば、「おむつ」と「ビール」が同時に購入される支持度が高い場合、これらの商品は関連性があると言えます。

指標2:信頼度

信頼度は、ある商品が他の商品の購買に関与しているときの確率を表しています。例えば、「おむつを買う人の中で、ビールも買っている人の割合」が高い場合、おむつとビールの関係は信頼度が高いと言えます。

指標3:期待信頼度

期待信頼度は、特定の商品が購入された際に他の商品も購入される確率を表しています。例えば、「おむつを買った人の中で、ビールも購入する割合」が高い場合、おむつの購入に伴ってビールも購入される期待信頼度が高いと言えます。

指標4:リフト値

リフト値は、ある商品の購入が他の商品の購入に与える影響度合いを表しています。リフト値が1より大きい場合、ある商品の購入が他の商品の購入に正の影響を与えていることを意味します。

これらの指標を使うことで、バスケット分析をより具体的に行うことができます。具体的な事例を用いながら、次のセクションで詳しく解説します。

指標1:支持度って何?

支持度は、バスケット分析において最も基本的な指標の1つです。支持度は、ある商品やカテゴリが他の商品やカテゴリと一緒に購買される割合を表します。具体的な数値で言えば、「おむつを買った人のうち、ビールも買った人の割合」などが支持度の計算対象となります。

支持度は、複数の商品やカテゴリの組み合わせに対して計算することができます。それぞれの組み合わせごとに支持度を計算し、高い値を示す組み合わせほど関連性が高いとされます。

支持度の計算式は、以下のように表されます。
支持度 = (AとBが同時に購買された数) / (全体の購買数)

例えば、あるスーパーマーケットのバスケットデータを用いて支持度を計算すると、おむつを買ってビールも買った人の割合が10%であった場合、支持度は0.1となります。このように、支持度は0から1の範囲で示され、1に近いほど2つの商品が関連していると言えます。

指標2:信頼度って何?

バスケット分析では、信頼度とはある商品Aを購入した場合に、別の商品Bを購入する確率を指します。つまり、商品Aが買われた時に一緒に買われる可能性の高い商品Bを見つける指標です。信頼度は、商品Aと商品Bがどれだけ同じバスケットで一緒に購入されるかを表します。数学的に表現すると、信頼度は、商品Aと商品Bが一緒に購入される回数を、商品Aが単体で購入される回数で割った値になります。

指標3:期待信頼度って何?

期待信頼度は、バスケット分析において重要な指標の一つです。この指標は、ある商品が一緒に購入される確率を計算します。具体的には、「商品Aを購入する人は商品Bも購入する確率が高い」という関連性を計算することができます。期待信頼度は、商品の関連性を定量化するため、マーケティング戦略の立案や効果測定に役立ちます。

指標4:リフト値って何?

バスケット分析の中でも特に重要な指標が「リフト値」です。リフト値は、ある商品Aと別の商品Bの組み合わせが他の商品の組み合わせよりもどれだけ効果的かを示す数値です。具体的には、商品Aを購入した人の中で商品Bも購入する割合を、商品A以外の購入者全体の中で商品Bの購入割合と比べたものです。

リフト値が高い場合、商品Aと商品Bの組み合わせは相乗効果があり、共同購入することが多いと言えます。例えば、おむつを買った人の中でビールも一緒に買う人が多い場合、おむつとビールの組み合わせはリフト値が高いと言えます。

リフト値の計算方法は簡単で、商品Aを購入した人の中で商品Bも購入した人の割合を、商品A以外の購入者全体の中で商品Bを購入した人の割合で割ることで求めることができます。

実際にやってみよう!バスケット分析のステップ

では、バスケット分析の実際のステップを紹介します。まずは、分析したい買い物かごのデータを収集しましょう。これは、POSデータやオンラインショッピングの購入履歴などから取得できます。次に、収集したデータを整理し、アイテムごとに購入された回数や組み合わせなどを計算します。この際、支持度、信頼度、期待信頼度、リフト値などの指標を使って分析を行います。指標の計算方法は既に説明したとおりですが、簡単に説明すると、支持度はアイテムの出現頻度の割合を、信頼度はアイテムの組み合わせがどれだけ一緒に購入されるかの割合を、期待信頼度は偶然の一致かどうかを、リフト値は2つのアイテムが一緒に購入される割合をそれぞれ表します。

さらにスキルアップ!バスケット分析の精度を高める方法

バスケット分析を行う上で、より正確なデータを得るためには、以下のポイントに注意することが重要です。

まず、トップ商品だけに注目せず、ランキング上位だけでなく、中位や下位の商品の組み合わせも見ていくことが大切です。それらの商品の組み合わせによって、予想外の需要やニーズを発見することができるかもしれません。

また、商品の組み合わせの有効性を見極めるためには、実際にその組み合わせを試してみることも有効です。実際に商品を組み合わせて販売してみて、どのような反応があるのか、顧客の評価や購買行動の変化を観察してみましょう。

これらのポイントを踏まえてバスケット分析を行うことで、より正確かつ効果的なマーケティング戦略を展開することができます。ぜひ、バスケット分析のスキルを高めて、ビジネスの成功につなげてください。

必ずしもトップ商品だけに注目しないことが大切

バスケット分析を行う際に、注目すべきは必ずしもトップ商品だけではありません。トップ商品に注目することは重要ですが、同時に他の商品や組み合わせにも目を向けるべきです。

なぜなら、顧客の購買行動はトップ商品だけに限定されるわけではないからです。例えば、お客様が特定の商品を購入すると、それに関連する他の商品も一緒に購入されることが多いかもしれません。このような商品の組み合わせや関連性を見つけることで、販促や商品展開の戦略に活かすことができます。

さらに、新しいプロモーションや特売品などの活用も忘れずに考慮する必要があります。顧客の興味を引くことで、より多くの商品を購入してもらうことができるかもしれません。

そのため、バスケット分析を行う際には、単にトップ商品だけに注目せず、他の商品や商品の組み合わせ、プロモーション活動なども含めて総合的に分析することが重要です。

商品の組み合わせとその有効性を見極める

バスケット分析では、単純に商品が一緒に買われる割合を調べるだけでなく、商品同士の組み合わせに着目することも重要です。なぜなら、特定の商品と組み合わせて購入されることで、顧客にとって価値や効果が得られる場合があるからです。

例えば、スーパーマーケットで特売商品を宣伝するとき、それらの商品と他の商品の組み合わせでの有効性を検証することができます。特売商品と同時に買われる商品は何なのか、特売商品の売り上げを伸ばすためにはどの商品との組み合わせが効果的なのかを分析することができます。

また、商品の組み合わせによっては購入確率が高まることもあります。例えば、冷凍ピザを購入する人々の中で、同時にカクテルソーセージも購入する確率が高い場合、これらの商品を並べることで顧客のニーズに応えることができます。バスケット分析を通じて、商品同士の組み合わせによる有効性を見極めることで、効果的な販促戦略を立てることができます。

まとめ:バスケット分析を活用しよう!

バスケット分析は、買い物かごの中身に着目して消費者の行動やニーズを把握するための重要な手法です。この分析を通じて、特定の商品同士の関係性や購買パターンを明らかにすることが可能です。バスケット分析にはいくつかの指標がありますが、支持度、信頼度、期待信頼度、リフト値が特に重要です。これらの指標を使って、買い物かごの中身から得られる情報を分析し、有用なInsightsを引き出すことができます。実際にバスケット分析を行う際には、トップ商品だけに注目するのではなく、総合的な視点で分析することが大切です。また、商品の組み合わせやその組み合わせによる効果も見極めることが重要です。バスケット分析を活用することで、企業は消費者の購買行動を深く理解し、効果的なマーケティング戦略を立てることができます。

次に読むべき!詳しくなるための分析手法・フレームワークの紹介

バスケット分析の基礎を理解したら、さらにスキルアップしたいと思う人もいるでしょう。そんな方には、さまざまな分析手法やフレームワークを学ぶことをおすすめします。たとえば、クラスター分析や教師あり学習、アソシエーションルールマイニングなど、さまざまな手法があります。これらの手法を使うことで、より深い洞察を得ることができます。また、フレームワークとしては、RFM分析やABテスト、カートの捨て値分析などがあります。これらのフレームワークを使うことで、分析の幅を広げることができます。さらにスキルアップしたい方は、ぜひこれらの分析手法やフレームワークを学んでみてください。

この記事のまとめ

いかがでしたか?この記事では、バスケット分析のスキルアップ方法とその重要性について解説しました。バスケット分析は、おむつとビールの共起関係から始まり、さまざまな産業で活用されています。具体的な分析指標として、支持度、信頼度、期待信頼度、リフト値の4つを紹介しました。そして、バスケット分析の具体的なステップと精度を高める方法についても詳しくお伝えしました。トップ商品にだけ注目せず、商品の組み合わせとその有効性を見極めることが大切です。バスケット分析は、販売戦略や商品開発の参考になる貴重な手法ですので、ぜひ活用してみてください。さらに詳しくなるために、他の分析手法やフレームワークの紹介もおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました